宗教改革500年記念合同礼拝

2017年
日本福音ルーテル教会 九州教区
宗教改革500年記念合同礼拝

10月28日() 講演会・コンサート

講演会
とき:10月28日(土) 15:00〜
ところ:九州ルーテル学院大学チャペル
講師:江口再起先生

コンサート
とき:10月28日(土) 16:45〜
ところ:九州ルーテル学院大学チャペル
演奏:ラスカーラ・オペラ協会(オーケストラです)
曲:メンデルスゾーン交響曲第五番「宗教改革」

10月29日() 宗教改革記念合同礼拝

500年の節目に500人で礼拝を!
とき:10月29日(日) 10:30〜
ところ:九州学院ブラウンチャペル
説教: 小副川幸孝牧師(九州学院チャプレン)

500年記念合唱団、団員募集

記念礼拝の聖歌隊を募集中!どなたでもご参加頂けます。
2017年の2月より数回、集まっての合唱練習を行います。
詳しくは、下記の募集案内をご覧ください。
2017年10月28日-29日
熊本に大集合!
詳しい案内は、このページに順次掲載します。
また各教会に送るご案内もどうぞご参照ください。

9月30日(土) レクチャーコンサート

とき:9月30日(土) 14:00〜
ところ:ルーテル学院高校チャペル
講師:加藤麻衣子先生

宗教改革と音楽を考えるとき、欠かす事の出来ない大切なものの一つに讃美歌があります。ルターは、それまでラテン語で歌われていた神様への讃美の歌を、母国語で、会衆が無理なく歌える有節歌曲にしました。コラールと呼ばれるそれらの歌は、現在も世界中で礼拝に用いられています。また、ルター以降の時代、オルガン音楽が一つの最盛期を迎えるバロック時代に、その発展の礎にもなりました。 このコンサートでは、17、18世紀のドイツに焦点をあて、当時の作曲家達がコラールを用いてどのような作品を生み出していったのかをお聴きいただきます。 また、膨大なコラール作品の中から現在も日本語で歌い継がれているものを取り上げ、それぞれの曲の背景や歌詞の内容をみながら実際に歌ってみましょう。 今回は新しい試みとして、会衆参加型コンサートを行います。前半は30分ほど讃美歌のお話と実践。後半は、前半歌った讃美歌を皆さんに歌っていただき、続いてその旋律を用いたオルガン曲を聴いていただくという交唱形式です。 オルガンと共に歌い、宗教改革に思いを馳せながら、豊かな音楽のひと時を過ごしましょう。 演奏曲目:J.S.バッハ:「装いせよ我が魂よ」「神はわがやぐら」 他

宗教改革500年記念合唱団

次回の練習予定:
2017年6月10日 13:00- 九州学院ブラウンチャペル
(日時と場所が変更になっています!)

運営委員よりお知らせ
楽譜の配布をまだ受けていらっしゃらない方は郵送いたしますので、お知らせください。また、遠方で練習参加が難しい方に、ご希望があればCDを配布しています。いずれもm.kato.luth500@gmail.com(加藤麻衣子)までご連絡ください。